audit

監査・保証サービス

現在利用している監査サービスの品質には満足していますか。
audit service

現在利用している監査サービスの品質には満足していますか。

外部から監査・保証を受けることは、企業の信頼性と評判を高める上で必須であり、現在のグローバル経済において重要な資産であると考えられています。上手く監査を利用している企業は、自社の財務情報の品質と信頼性を国内外問わず向上させています
監査サービスの詳細はこちら
内部監査と外部監査のちがいについて

内部監査と外部監査は、目的やその責任等にいくつかの違いがあります。

内部監査はガバナンスの有効性やリスクマネジメント、あるいは管理プロセスの評価・向上を目的としています。それらの情報は自社の経営陣や管理監督者が対象です。

一方で外部監査は、通常株主や企業のガバナンス外の組織に対して行われます。株主に報告する財務情報の信用性や信頼性を確かめることが目的です。

加えて内部監査は、基本的な企業の継続や業務向上のために行うのに対し、外部監査は、財務リスクや財務情報を包括する企業のおかれた環境そのものやその社員のために行われます。

外部監査を受けるメリットについて

外部監査を受けるメリットについて

ベトナムでは外資系企業への会計監査が必須である事から、多くの企業にとっては、監査自体が大きな負担になる場合があります。しかしながら、監査の活用の仕方でのメリットとなる可能性もあります。

監査を受けるメリットは、以下のとおりです。

保証の付与
外部監査を受ける事で、企業のマネジメントは日々の報告が正しいことを確認することができ、会計に関する不正リスクも減らすことが可能になります。

株主にとっては、報告される数字の信用と信頼性を高めるだけではなく、実際に数字の正確性について保証を得る事ができます。

会計プロセスの妥当性の検証
外部監査によって、自社の会計プロセスの客観的な状況が把握できます。日々変わる会計原則や細かい基準の知識のないマネジメントでも自社の財務情報をより良く理解することが可能になります。

加えて、外部監査を通して企業の経営陣や経理担当者が自社の会計システムをより理解し、品質を向上させることに役立ちます。

エラーの発見
会計におけるエラーは経営者にとって意思決定の妨げになります。会計監査はそういったエラーや不正を発見するために設計されています。また、監査を通して、自社の財務情報が一般に公正妥当と認められる会計基準に準拠しているのか確かめることもできます。基準や法律の多い会計において、経営者を支える役目を果たします。

内部の弱みを発見する役目
現代の企業が自社内部に弱みを抱えることは不可避となっています。問題なのは、その弱みをどう解決するかにあります。いくつかの企業では、自社の弱みを隠したまま経営を続けています。しかしながら、経営者は自社の弱みに注意を向けてアプローチを行う方法もあると理解しなければなりません。

内部監査人は自らが関与していることもあり、自社内の内部統制プロセスに厳しく批判の目を向けられません。一方で、外部監査人は第三者的な目線で企業を分析し、会計プロセスや内部統制の有効性を高める改善提案を行います。

長期的目線での活用
将来的に自社を売却する予定がある場合、買主にとっては監査済み財務諸表は買収の判断材料として使用することになります。

監査を受けなければ、企業の信用情報にも影響があります。

サプライヤーや銀行からも、ビジネスに必要な信用を受けられない可能性もあります。

外部監査について

監査とは、独立した会計士・監査法人による企業の財務諸表の証明業務です。最も一般的な監査では、企業の財務諸表に対し報告書上で意見を表明します。この報告書は、投資家や銀行、政府当局等利害関係者に利用されます。

外部監査の目的は:

+ 企業の会計記録の正確性及び網羅性の検証

+ 企業の会計記録が適切な会計フレームワークに沿った作成されているかの確認

+ 企業の財務諸表が実際の財務状況に基づき適切に表示されているかの確認

その他にも、粉飾や不正の検出を目的とした特定の会計記録の監査など、監査の形は多岐にわたります。

Croweが選ばれる理由

国際的なブランド:世界トップ10に長年位置するブランドの下、弊法人の監査は企業とその関係者にとって、信用を構築するために貢献します。

期限厳守:クライアントにとっての期限の重要性は、社員全員が理解しています。成果物の進捗と正確なスケジュール管理を通して、期限どおりレポートをお届けします。

報酬体系:クライアントの要望を聞き、それぞれの状況にあった最適な報酬額を提案します。業務の中でテクノロジーやデータの活用を行うことで、コスト削減にも注力しています。

国際的ネットワーク:多国籍企業のクロスボーダー取引においては、弊法人の130ヶ国にわたる会計ネットワークをご活用頂けます。

Stay up-to-date with us

Free subscribe for timely updating on legal news, professional analysis, useful publications, seminar/webinar schedule, online tests.