This is altered image.

アドバイザリー

多様化するニーズに合わせ経営資源の効率的活用をお手伝い致します。
ディール・トランザクションアドバイザリー
コーポレートファイナンス
事業再生・事業再編
コーポレートファイナンス
This is altered image.

M&A

M&Aはもはや戦略的な企業経営において不可欠な選択肢となりました。 30年、50年という長い歩みの中で、企業は必ず自らの力だけでは対応できない大きな節目に出会います。さらなる成長を目指すためには外部から新たなパワーを必要とする場合はもちろん、逆に再生のために余剩な力をそぎ落とさなければならない局面もあります。M&Aは、このような局面を打破していくためのきわめて有効な手段です。
ファイナンシャルアドバイザリー(国内M&A)企業買収・売却・合併
M&Aの形態は、合併あるいは買収による子会社化、買収においても会社全体の買収や事業買収など様々です。そして、一言でM&Aといっても候補先の選定からクロージングまで様々なプロセスがあります。我々は、企業環境に応じてM&Aにおける適切なストラクチャー提案からクロージングまで、売り手または買い手のサポートをいたします。
デューデリジェンス (企業調査)

M&Aにおいてバリュエーションのもととなる財務数値の正確性の調査や企業リスクの精査が必要です。M&Aの対象会社を詳細に調査することで、M&Aにおけるリスクを事前に確認できるとともに、その後の価格交渉やM&A終了後企業運営の姿を具体的にプランニングすることができます。財務・税務やビジネス面等から調査を実施することによりM&Aの支援を行います。

  • 財務デューデリジェンス
  • 税務デューデリジェンス
  • ビジネスデューデリジェンス
バリュエーション (企業価値算定)

潜在するリスク、事業としてのポテンシャルなど徹底した分析を重ね透明性の高い評価を行います。M&Aにおいてもっとも
豊富な経験と知識が要求されるプロセスがバリュエーションです。買収価格は無形資産を含む買収資産や負債の価値を反映する必要があり、会計面でも買収資産・負債の価値測定が求められます。

  • 企業価値・株式価値評価
  • パーチェス・プライス・アロケーション(PPA)
  • ブランド等無形資産評価
企業統合 (P.M.I.)
M&A実施後経営統合成功のため、またM&Aの目的を達成するための企業の努力が必要になります。M&Aによるシナジー効果を発揮できるよう、実行及びモニタリングを支援いたします
クロスボーダー M&A (企業買収・売却・合併)
昨今海外における販売拠点や生産拠点の設立を迫られる日本企業が増え、また海外企業により日本企業のM&Aを増加するなど、アウトバウンドとインバウンドのクロスボーダーM&Aが増加しています。異国の会計、税務、法律は日本と異なるため、日本国内で完了されるM&Aの案件以上に複雑さが求められます。我々はCrowe Globalの他国の専門家たちと密にコミュニケーションを図ることにより、国境を越えたM&Aの成功へのお手伝いをします。
事業再生・事業再編
This is altered image.

事業再生

様々な実務経験や専門能力を活かして、事業再生に関するコンサルティングを提供しています。再生計画が必要となる企業の多くは、過大債務の状況に加えて、過剰な設備投資による不良資産や有価証券投資の損失を内包しています。

その一方で、本業である事業は堅調に推移している場合が少なくありません。このような課題に直面するクライアントに対して、経営資源の効率的な再配分を図るコンサルティングを実施し、キャッシュフロー の最大化に向けた再生計画の策定から実行までをサポートします。

実績ケース フレームワーク ▶

This is altered image.

事業再編

企業を取り巻く経営環境は、グローバル化、顧客ニーズの多様化、景気の変動等により日々大きく変化しています。企業の組織体制を変化させることは、これら外部環境の変化に対応するために企業が採用しうる有効な一手段と考えられます。

一方で組織再編を行うには、それぞれの企業環境に即したストラクチャーを構築する必要があり、そのためには税務・会計面での高度な専門知識が要求されます。

我々は、組織再編においても様々な実務経験及び専門知識・能力を有しており精鋭スタッフがクライアントそれぞれにベストなサポートを提供しています。

  • 持株会社化への移行スキーム提案/実施サポー
  • 合併、会社分割、現物出資、事後設立のサポート
  • 株式交換と株式移転のサポート
ファイナンシャルアドバイザリー(国内M&A)企業買収・売却・合併
M&Aの形態は、合併あるいは買収による子会社化、買収においても会社全体の買収や事業買収など様々です。そして、一言でM&Aといっても候補先の選定からクロージングまで様々なプロセスがあります。我々は、企業環境に応じてM&Aにおける適切なストラクチャー提案からクロージングまで、売り手または買い手のサポートをいたします。
デューデリジェンス (企業調査)

M&Aにおいてバリュエーションのもととなる財務数値の正確性の調査や企業リスクの精査が必要です。M&Aの対象会社を詳細に調査することで、M&Aにおけるリスクを事前に確認できるとともに、その後の価格交渉やM&A終了後企業運営の姿を具体的にプランニングすることができます。財務・税務やビジネス面等から調査を実施することによりM&Aの支援を行います。

  • 財務デューデリジェンス
  • 税務デューデリジェンス
  • ビジネスデューデリジェンス
バリュエーション (企業価値算定)

潜在するリスク、事業としてのポテンシャルなど徹底した分析を重ね透明性の高い評価を行います。M&Aにおいてもっとも
豊富な経験と知識が要求されるプロセスがバリュエーションです。買収価格は無形資産を含む買収資産や負債の価値を反映する必要があり、会計面でも買収資産・負債の価値測定が求められます。

  • 企業価値・株式価値評価
  • パーチェス・プライス・アロケーション(PPA)
  • ブランド等無形資産評価
企業統合 (P.M.I.)
M&A実施後経営統合成功のため、またM&Aの目的を達成するための企業の努力が必要になります。M&Aによるシナジー効果を発揮できるよう、実行及びモニタリングを支援いたします
クロスボーダー M&A (企業買収・売却・合併)
昨今海外における販売拠点や生産拠点の設立を迫られる日本企業が増え、また海外企業により日本企業のM&Aを増加するなど、アウトバウンドとインバウンドのクロスボーダーM&Aが増加しています。異国の会計、税務、法律は日本と異なるため、日本国内で完了されるM&Aの案件以上に複雑さが求められます。我々はCrowe Globalの他国の専門家たちと密にコミュニケーションを図ることにより、国境を越えたM&Aの成功へのお手伝いをします。
国内株式上場(IPO) アドバイザリー

証券市場への上場は、業績だけではなく、その企業自身が適切な運営や社会的に信頼しうる存在になることが求められます。更に、内部統制の整備・運用などの一定の組織体制、そして適切な会社運営のために資本政策も求められます。我々は企業の株式上場目的達成のため、以下のサービスを提供いたします。

  • 中期事業計画の策定支援
  • 内部統制の整備、その運用体制の構築支援
  • 資本政策のプランニングとその実行支援
デジタルアドバイザリー
DX デジタルトランスフォーメーション
業務自動化推進(デジタイズ・RPA)
アウトソーシング
システム レビュ―(現状診断)
DX デジタルトランスフォーメーション
クライアントの問題の発見・可視化を行い、最先端のデジタルテクノロジーを用いて、対応策や改善策を提案、導入、実施運用。
その過程において新規ビジネス創出の気づきが起こる場合も非常に多く、それはテクノロジーが我々の生活に爆発的な変革を起こす可能性を常に秘めている事の証です。
そのため、デジタルアドバイザリー領域には、ネガティブな課題を解決するだけでなく、我々生活者視点のインサイトの洞察と新たな可能性を引き出すイノベーティブな発想であるビジネスデザインの視点、それらの施策を実行に移す人的ネットワークが必要になり、我々はその両方を持ち合わせています。
業務自動化推進(デジタイズ・RPA)

在宅勤務がスタンダードになり少子高齢化が進むなか、業務の自動化やペーパーレスは事業継続性に不可欠な取り組みとされています。
しかしツールを導入すればよいというものではありません。弊社では業務分析から導入まで、DX.デジタルトランスフォーメーションの第一歩である業務の自動化(デジタイズ※)推進支援を提供致します。
弊社では、ツール導入から始まるのではなく、まずアセスメントに基づき今の業務を可視化します。そのうえで適用すべきツールを選定・評価し、POCを実施することで導入効果や業務イメージを具体化します。導入フェーズでは、ツールを作って終わりではなく、業務移行していくうえで必要なマニュアルやルールの整備、運用体制構築のサポートなどを行い、効果を享受するところまで伴走致します。自動化のみならず業務改革実現に向けて、計画立案から現場における具体化施策の実行までを一気通貫で支援。分析・計画に際しては、複合的な観点から課題抽出を行い、アクションプランを作成。運用に際しては、検討された施策(アクションプラン)を、業務として実施可能な状態まで具現化し、期待された効果を最大限享受できるところまでご支援致します。

(※デジタイズとは DX(デジタルトランスフォーメーション)における「業務のデジタル化」領域)

アウトソーシング
組織のリソース配分を最大化するためにアウトソーシングは一般的なソリューションとなっております。
一方で実際にアウトソーシングを活用する際には、様々な課題が存在します。
弊社では、そういった組織の皆様の課題を解消する、新たな形のアウトソーシングサービスを提供しております。業務引継ぎを受けた後、貴社への引継ぎを前提として一定期間運用し、ドキュメント整備や改善の実施、および作業記録を残していきます。
これにより、一度標準化され、ノウハウが蓄積された状態で貴社に業務をお引き渡し致しますので、従来のアウトソーシングの課題を解消しつつ、ビジネス環境の変化に応じた最適な状態での業務遂行が可能となります。具体的なサービス内容についてはお客様の対象業務、およびご要望に応じた柔軟なカスタマイズが可能です。

まずはショートレビューにて目指す業務形態と期待するアウトプットをお客様と合意させていただいた上で、その後のアウトソーシング費用をお見積りいたします。
システム レビュ―(現状診断)
2020 Digital Advisory
企業内で情報システムを「企画」「導入」「運営」する際に、検討すべきテーマは日々発生/増加し、事業環境や社内リソースの状況によっては自社内での対応が困難なケースが発生いたします。DXのプロフェッショナルである私どもが、お客様の目的に応じた現行システムの短期分析評価&支援策作成をいたします。業務ルールや情報システム等の《仕組み》と、それを運用するための《人・組織》を全社戦略と照らし合わせ総合的に振り返り、「システムの課題と問題点」を明らかにいたします。
システムは、経営活動にとって不可欠なものですが、以上のような課題に直面する企業が多いことも事実です。原因をきちんと捉えたうえで、適切な対応に早期着手できるかが、成功の鍵と言えます。業務ルールや情報システム等の《仕組み》と、それを運用するための《人・組織》を全社戦略と照らし合わせ総合的に振り返り、「システムの課題と問題点」を明らかに診断いたします。
G.C.A. グローバル・コーポレート・アドバイザリー
海外進出・移転
国際間M&A. DD. 企業価値算定
外資日本子会社税制
海外子会社管理
国際税務会計
個人国際税務
移転価格税制
海外進出・移転
  • 海外進出事前市場調査・事業事前調査
  • 法人設立/記帳代行/英語・現地語による会議資料作成
  • IFRS U.S.GAAP等国際会計基準コンバージョン
  • タックス・ヘイブン税制 リスク改善提案
  • 国際税務専門の税務調査対応策
  • 連結ベース税引後利益の最大化提案
  • 海外往査による海外子会社チェック
  • 最新税制のキャッチアップ
  • 国際税務 相談対応
  • セカンドオピニオン
国際間M&A. DD. 企業価値算定

海外進出ケース

  • 戦略的事業投資コンサルティング
  • ストラクチャー / トランザクションサービス
  • M&A 対象企業発掘
  • クロスボーダーFinancial Advisory Service
  • トップミーテイング 基本条件交渉
  • PMI (買収後企業文化統合プロセス)
  • デューデリジェンス(財務・事業)
  • バリュエーション(企業価値評価)
  • 財務内容・企業概要交換

海外事業売却ケース

  • 戦略的事業承継

海外間移転ケース

外資日本子会社税制
  • 外資企業の日本子会社 財務レビュー
  • IFRS  U.S. GAAP 等国際会計基準コンバージョン
  • 外資系企業ストックオプション対応
  • 外国人駐在員に関わる税務対応
海外子会社管理
  • 海外子会社モニタリング(海外不正発生要因の除去)
  • 月次財務報告書作成
  • 海外子会社管理(内部統制コンサルティング)
国際税務会計
  • 月次往査
  • 決算・申告書作成業務
  • 四半期決算対応・税効果会計
  • 税制改正対応
  • 税務申告書レビュー業務
  • タックス・ヘイブン税制アドバイス
  • 源泉所得税・租税条約アドバイス
  • 外国税額控除アドバイス
  • 国際取引消費税対応
  • セカンドオピニオン
個人国際税務
  • 雇用契約書・就業規則作成支援
  • 駐在員・出向者・資産運用 所得税申告
  • 国際相続税・国際贈与税・国際間資本政策
  • 日本国内在住 外国人向け 申告
  • 海外移住サポート
  • 個人資産 タックスヘイブン提案
移転価格税制
  • 簡易診断
  • ベンチマーキング (独立企業間価格範囲算出)
  • 移転価格ローカルファイル作成
  • 移転価格文書
  • 移転価格文書内製化支援
  • 移転価格ポリシー策定支援
  • 移転価格のセカンドオピニオン
  • 無形資産価格算出
  • ロイヤリティ料率算出
  • 移転価格調査 査察対応
  • 相互協議・APA対応
海外進出支援
ジャパンデスク(日本語対応オフィス)
ジャパンデスク(日本語対応オフィス)
This is altered image.
Crowe Globalは、米国、ブラジル、アジア諸国に日本人及び日本語対応が可能な専門家を擁しており、各国の事務所がCrowe Japanと連携の上、会計監査、税務、各種アドバイザリーサービスを提供いたします。 
ジャパンデスク所在地はこちら